カギの重要性とその管理方法

使いやすいカギへの交換をしていきましょう
Home » 2013 (Page 17)

カギの重要性とその管理方法

3月 17th, 2013 Posted in カギ

大多数の人にとって一番重要なカギは何といっても家のカギだろう。これを無くしてしまっては生活が立ち行かないことに成りえるし、取り替えるにしても解錠を依頼するにしてもその費用は決して安いものではない。最近の建物は防犯の為に強固な錠を使用しているのも、いざカギを無くした時の困惑をさらに増大している。なので、カギの管理は最大の注意を払うべき事柄といえる。まず注意すべきなのがカギの紛失であろう。カギというのは決して大きなものではなく、ポケットに入れて置いたつもりがどこかで落としてしまい、それに気が付かないでいたら大変である。昔ならではのキーホルダーを使っている人もいるだろうが、これも万全というには程遠い。最も安全なのは、やはりストラップを利用して体に常に身に付けておくことだろう。若者の中には太い鎖に車のカギなどを大層にくっつけて持ち歩く者もいるが、ああいうスタイルはある意味一番安全と言えるかも知れない。会社などの大型の建物であれば、生体認証を導入するのも良いかも知れない。あらかじめ社員の指紋や瞳孔を登録しておき、カギの代わりに利用して部外者の立ち入りを封じるのである。これは最初に登録する手間がかかる上、人によってはそうした個人情報の登録に抵抗を持つかも知れない。しかし確実性が高い上、セキュリティに注意を向けさせることができるという効果もある。得られるメリットを考えて導入を検討してみるのもひとつの考えであろう。次に気を付けるべきは、カギの破損である。ほとんどの場合カギは金属製であり、通常の利用において破損など有り得ないと思うかも知れない。しかし後ろポケットに入れて椅子に座った途端に曲がってしまった、などというのは実は珍しいことではない。こうした事故を防止するには、やはりスペアキーの作成が有効だろう。今では合カギ製作を行う業者も店舗を多く構えており、安価に合カギを持っておくことができる。以上のような対策を万一のために用意しておき、日頃からカギの重要性を胆に銘じることが、ひいては防犯意識の向上にも繋がっていくと考える。

コメントは受け付けていません。