カギの重要性とその管理方法

使いやすいカギへの交換をしていきましょう
Home » 2013 (Page 9)

自宅のカギをなくしてしまった場合

3月 17th, 2013 Posted in カギ

自宅のカギをなくしてしまうということはかなりあるのではないでしょうか。しかもどこでなくしてしまったのかもうまく思いだせないようなこともあるのです。そういったことは非常に危険な事ですので、いつも鍵を置いておく場所を決めるなどの対処をしていく必要があります。しかし、失くしてしまったものは仕方ありませんので、そのカギをどうして行ったらいいのかを考えていかなければいけません。その方法ですが、やはり合いカギを作っていただくというような方法があります。しかし、合いカギなのですが、簡単に作成できるといったものではありません。ですので、その部分も詳しく確認をしていくのがお勧めになっているというわけなのです。作成するためにはちょっとした手間もあります。信頼できる方からしかやはり合いカギの作成はできませんので、信頼できると証明していくことが必要になっているわけです。まず必要になってくるものなのですが、身分証明書があります。しかも、顔写真入りの身分証明書が必要です。運転免許証やパスポートもあります。外国人登録証や学生証なども写真入りですので、それらも使えるというわけです。また敬老手帳なども使うことができるようになっています。また、身分証明書が用意できない場合には、郵便物などのものや公共料金の領収書などがあると証明できるケースがあります。ただし、それで合いカギを作っていただけるかは業者の判断にもよりますので、やはり合いカギを作っていくようにするとなりますとやはり身分証明書をしっかりと用意しておくことがお勧めになっているというわけです。合いカギの作成を断られるケースですが、本人であると確認ができない時です。また居住確認ができない方も断られます。そして泥酔状態の方も断られるようなケースがあります。合いカギを作成の依頼をする時には、以上の点にも気をつけていきましょう。また合いカギですが、居住者以外でも作成できることができるケースもあります。こちらは業者によりましてかなり作成できる条件に違いがありますので、個別に確認していくべきです。

コメントは受け付けていません。